宝くじを買うよりも、外国為替に投資した方が良いような・・・

投稿者: admin
12月 20 2016 年

少しでも預金を増やそうと思うと、ついつい目が行くのが定期預金、そして株、投資です。最近では外貨投資の方がなじみが深くなっているかもしれません。
しかしそもそも外貨投資とは何でしょうか。

一般的に外貨投資とは、自国の通貨、私たちでいえば円を外貨、アメリカドルやユーロなどに替えて、外国株式や外貨預金、FXと言われる外国為替保証金取引などの金融商品を運用することです。
日本経済が低迷気味で、預金利息も1パーセントを割っている今、1万円のもとでを10万円にすることができるかもしれない外貨投資は本当に魅力的です。
それで設けている人の話をテレビなどで耳にするといてもたってもいられなくなるでしょう。

しかし、外貨に替えて運用する、ということは、日本円での運用にはない為替リスクというものと切っても切れない状態になります。
この変動によって儲けはかなり変わってきます。
リターンが大きい時にはリスクも大きいのだということをしっかり自分で把握しておく必要がありますが、そこが理解できていれば全財産をつぎ込んでしまうというようなことは避けますよね。
ある一定の資産ならば、思い切って外国為替の取引に使ってみてもよいのではないでしょうか。
宝くじよりは実現しやすい夢を見ることができるかもしれません。

このエントリーのトラックバックURL